【現在募集中】

☆2019年自分らしい充実した生活に!

カサンドラから回復するためのワーク随時募集中!

お申し込みはこちらから

☆マインドデザインコーチング基礎編受講者募集中!

お申し込みはこちらから

☆凸凹子育て情報茶話会

次回は2月開催予定です。

【赤ちゃん先生募集中】

妊娠中の方、3歳までのお子さんがいらっしゃる方お子さんと一緒にお仕事しませんか?

お子さんが大きくなったママもお仕事できる仕組みがあります。

ママカフェでまずはおしゃべりでもしませんか?

次回は1月開催予定です。

【リクエスト受付中】
『どんな世代からも未来を描けるマンダラエンディングノート体験会』

ご希望の日程をこちらからお願い致します。

その他カウンセリング・コーチング・講座のリクエスト開催受け付けております。

お問い合わせ・お申し込みはこちらからお願いいたします。

発達障がいとカサンドラとモラハラ

こんにちは。
発達障がいの家族相談カウンセラー
マインドデザイン®️マスターコーチ
安谷屋(あだにや)まゆ子です。

私が思うところですが・・・

発達障がいとカサンドラはお互い様。
発達障がいとカサンドラはお互いにモラハラと感じていると思うのです。


発達障がいの方の場合良くないことは「良くない」と言います。
正しさが先行するのである意味とっても率直。
言葉で表現しにくい面を持っている場合怒鳴ったり手が先に出ちゃったりそんなこともあると思います。
だから、発達障害ではない人からは空気が読めないとか、何言ってるの?とか、モラハラとか言われるわけです。

が、

発達障がいの方からすると空気を読めよ・・・とか、良くないことだから注意したのに何で怒られなきゃならないの?とか言われてモラハラと感じたりするわけです。

それで結局発達障がいの方は二次障がい(うつ、睡眠障がい、症状の悪化など)になる方も少なくありません。


カサンドラだって結局は何で空気読めないの?何でこんなところで怒鳴るの?何でそんなに怒るの?
という何で?が日々繰り返されて抑鬱状態になったりしてカサンドラになるわけです。


それぞれ「当たり前」が違っていてそれをどう受け入れるのか。
頭ではわかっている、受け止めている状態では自分が思っていることと行動してること言葉として発していることが違っていて苦しくなります。
負のスパイラルです。
そこから抜け出すのはあなた自身であり、あなた次第です。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。


LINE@配信しております。
不定期ですが対面セッションや講座、各種イベントはLINE@へご登録いただいている方へ先行してご案内しております。

VOICE OF THE HEART〜心の声〜

発達障害でお悩みのご自身とそのご家族の「今」と「これから」を一緒に考え、サポートをさせていただいています。 「家族に発達障害があるのでは?」「家族が発達障害と言われているけれども、どうしたら良いのか」「(自分は発達障害です。)これからどうしたらいいのか?」などご家族もご本人も、一人で抱え込まなくていいのです。 今、何も見えなくても大丈夫。どのようにしていけば良いのか、必ず光は見えてきます。

0コメント

  • 1000 / 1000