【現在募集中】

2018年自分らしく、心からの笑顔を

「心を整えて自分らしくなるマインドデザイン®️ワークショップ」

【赤ちゃん先生募集中】

妊娠中の方、3歳までのお子さんがいらっしゃる方お子さんと一緒にお仕事しませんか?

説明会開催しています。

日程などはこちらからご確認・お申し込みお願い致します。

【リクエスト受付中】
『どんな世代からも未来を描けるマンダラエンディングノート体験会』

ご希望の日程をこちらからお願い致します。

その他カウンセリング・コーチング・講座のリクエスト開催受け付けております。

お問い合わせ・お申し込みはこちらからお願いいたします。

早期発見・早期認知・早期療育のわけ

こんにちは。

安谷屋まゆ子です。

病気、特に癌などは早期発見・早期治療と言いますね。

これはあくまでも私の考えですが発達障がいも早期発見・早期療育スタートが良いと考えています。

そして早期認知も大切です。

せっかく早期発見できたとしてもそれを認めることができなければ特に当事者が辛いです。

何故、私がそう考えるのか。

発見が30代半ばで療育を受けずに育った主人と早期発見し障がいを認めることで療育をすぐに始めた息子とはやはりコミュニケーション能力や体のバランスなどに大きな差があると体感・実感しているからです。

そうしたことを含めた栗原 類さんのインタビュー記事がありましたのでご紹介したいと思います。

栗原さんがお話しされているように発達障がいの特性によっては本当は支援が必要なのに見過ごされてしまったり、理不尽ないじめにあったり、もしくはいじめる側にもなりえます。

早期発見できて認めることができれば、相談することもできるし、今後の対応を考えることもできる。

保育園・幼稚園・学校などでも事前に話す事や何かあった時にすぐに相談し対応できる。

先日不登校の理由をブログで書きましたが

不登校の原因は教員にもある。

もし、学校側に発達障がいを事前に伝えていたら見過ごされずに対応してもらえるかもしれない。

対応がなければこちらから先生方へアクションを起こすこともできる。

実際、我が家は学校や習い事の先生には発達障がいであることを話し、特に学校では校長先生にも協力をお願いしています。

普段は担任と支援級のコーディネーターの先生を中心に家での困った出来事などは伝え学校での様子を教えていただいたり、学校での困りごとには放課後に3者面談や本人を交えての面談もしていただいてます。

今週もクラスメイトの一言に心が折れかかっているようでその件で本人含めての相談時間を設けていただくことになっているくらいです。

『知っている』と『わかっている』は違います。

知ってわかることが大切です。

大人でも子どもでも知って・わかって・対処する。

当事者も家族も周りも含めてです。

それをなるべく早い時期に。

どうしても受け入れられないなどのお話を伺うこともよくあります。

そんな時にはどうぞご相談ください。

現状を把握して未来を開いていくことにつながりますよ。


相談などのお問い合わせはこちらからどうぞ。


今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

☆今日の心の声☆

なかなか理解できないことはありますか。

VOICE OF THE HEART〜心の声〜

発達障害でお悩みのご自身とそのご家族の「今」と「これから」を一緒に考え、サポートをさせていただいています。 「家族に発達障害があるのでは?」「家族が発達障害と言われているけれども、どうしたら良いのか」「(自分は発達障害です。)これからどうしたらいいのか?」などご家族もご本人も、一人で抱え込まなくていいのです。 今、何も見えなくても大丈夫。どのようにしていけば良いのか、必ず光は見えてきます。

0コメント

  • 1000 / 1000